SEOのキーワード

SEO

SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!

投稿一覧SEO対策を始める前に必ずしなければならないことがあります。それはSEOキーワード選定です。

どれだけ熱心にSEO対策を行っても、SEOキーワードが適切でないとターゲットとなるお客様にホームページを見てもらえません。どのようなキーワードを選ぶかでSEO対策の成否が決まります。キーワード選びを失敗をしないために、SEOキーワードについての基礎知識を身につけていきましょう。

SEO対策のキーワードの分類

まずはSEOキーワードをどのように分類して考えるべきかを見ていきましょう。SEO対策のキーワードは主に3種類に分類されます。ビッグキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワード(スモールキーワード)です。違いはユーザーの検索数の差にあります。

ビッグキーワード

月間平均検索数が1万回以上になるSEOキーワードのことを指します。検索数が多い分、SEO対策をしている競合サイトも多く、SEO難易度が最も高いキーワード群でもあります。

ミドルキーワード

月間平均検索数が1000回以上、1万回未満のSEOキーワードのことを指します。検索数はそれなりのボリュームがあるにも関わらず、ビッグキーワードほどSEO上の強い競合がおらず、中堅サイトでもSEO対策がしやすいのが特徴です。

ロングテールキーワード(スモールキーワード)

月間平均検索数が1000回未満のSEOキーワードのことを指します。検索数は少ないですが、SEO面でのライバルもわずかであるため、新規サイトでも検索上位を狙いやすいSEOキーワードだと言えます。
ロングテールキーワードで検索するユーザーは、ニッチで具体的なニーズをもっているケースが多く、成約率は高くなる傾向にあります。

単一キーワードと複合キーワード

ビッグキーワードは「不動産」、「賃貸」、「マンション」など1語のみのワードであることがほとんどです。これを単一キーワードと言います。一方、ユーザーが何かを検索する場合は目的に応じて、キーワード2語以上で調べることがほとんどです。
例えば、中野区で賃貸アパートを探したいと思ったら「不動産 賃貸 中野」など地域と合わせて検索しますし、投資を考えている場合は「不動産 投資 ノウハウ」などで検索をするかと思います。
このように2つ以上言葉を組み合わせたキーワードをを複合キーワードと呼びます。

SEO対策は複合キーワードで!

検索ユーザーは複合キーワードで調べるのが一般的で、単一のビッグキーワードはSEOによる上位表示の難易度の高さにも関わらず、実際の検索場面ではほとんど使われることはありません。

仮に「不動産」という単一のビッグワードで調べるユーザーがいたとしても、その場合も、不動産を買いたいのか、不動産を売りたいのか、不動産を借りたいのかなど目的が不明瞭です。

「不動産」という単一キーワードでSEO対策をして上位に表示ができたとしても、アクセスするユーザーのほとんどは自社の商材に関係ない検索ユーザーである可能性が高いと言えます。
そのためSEOで単一のビッグキーワードを狙うのは好手とは言えません。「不動産」+「●●●」という複合でSEO対策をすべきでしょう。

複合キーワードの種類

複合キーワードも組み合わせによって成約につながりやすいもの、繋がりにくいものがあります。こちらも分類をして見ていきましょう。

A)成約しやすいSEOキーワード

a)購入系キーワード  例)「スニーカー 激安」「スニーカー 通販」
「購入」「激安」「通販」など、もうすでに購入する意思があるときに使用するSEOキーワードです。
成約率(コンバージョン率)が非常に高くなる傾向にあります。

b)具体名キーワード  例)「コーヒー AGF」「コーヒー ネスレ」
こちらもすでに購入を考えている人が情報収集をしているケースが多いです。

c)場所系キーワード  例)「和食 新宿駅」「和食 軽井沢」
そこの場所に行く予定のある人が調べているケースが多く、こちらも成約に繋がりやすいです。

B)成約しにくいSEOキーワード

d)知識系キーワード  例)「ジャスミン茶 産地」
単純に知識を増やしたいだけの場合が多く、直接購入には繋がりにくいです。

e)ノウハウ系キーワード  例)「バジル 育て方」「バジル 保存法」
こちらも買い物をしたいのではなく、ものの扱い方などを知りたいだけのケースです。

f)無料系キーワード  例) 「無料 占い」「フリー 見積テンプレート」
お金をつかわない前提で調べているので成約しにくいSEOキーワードです。

A)の組み合わせは成約可能性が高いので、仮に検索数が少なかったとしてもSEO対策をする価値があります。なお、B)はSEO対策する価値がないかと言うとそういうわけではありません。
B)は、オウンドメディアなどでユーザーに役に立つ情報を発信して、自社の認知を高めたいときに有効なコンテンツ、キーワードだと言えるでしょう。
このことに関しては、別途「コンテンツSEO」のページで詳しく説明したいと思います。

SEOキーワードを探すためのツール

どのようなSEOキーワードを選ぶのが適切か、自分の想像だけでは限界があります。ネット上には、あるキーワードがどれくらいの回数、検索されているのか、複合キーワードの組み合わせをどのようにしたらよいかなどについて情報が取得できるサイトがあります。そのようなツールを積極的に利用してSEO対策に活かしましょう。該当するサイトを何点かご紹介します。

キーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

まずはGoogleの提供するツールです。特定のキーワードがどれくらい検索されているか見ることができるツールです。こちらはGoogleのリスティング広告のキーワード選定用にリリースされているものですが、SEOのキーワード選びにも使えます。(ただし、あくまでSEO対策用ではなくリスティング広告用なので利用するのにGoogle広告のアカウントが必要です。)

アラマキジャケ.jp

http://aramakijake.jp

こちらもGoogleのキーワードプランナー同様に、キーワードの検索数が抽出できるサイトです。キーワードプランナーに比べると多少精度は落ちますが、料金や登録不要で使えますのでSEO対策のみしたいという方には便利です。Googleのアカウントをもっていない方はこちらを使用すると良いでしょう。

グッドキーワード

https://goodkeyword.net

ひとつキーワードを打ち込むと、そのキーワードに関連する複合キーワードを一覧で提案してくれるサイトです。ニッチなスモールキーワードでSEO対策する際に欠かせないツールです。上記では代表的なものを紹介しましたが、他にもユーザーの検索傾向を調べるツールはオンライン上に数多くあります。SEO対策をする上で自分なりに使いやすいものを見つけて利用してみるのも良いでしょう。

まとめ

・SEOキーワードは、ビッグキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワード(スモールキーワード)とユーザーの検索数に応じて3つに分類されます。

・「不動産」などのように単語1つだけのキーワードを単一キーワード、「中野 不動産 賃貸」のように2つ以上の単語で成り立っているキーワードを複合キーワードと言います。

・単一キーワードはビッグキーワードであることが多くSEO難易度が高くなる傾向にあるため、基本は複合キーワードで対策するのが一般的です。

・複合キーワードであっても購入系キーワード、具体名キーワード、場所系キーワードなどは成約につながりやすく、知識系キーワード、ノウハウ系キーワード、無料系キーワードは成約につながりにくいと言われています。

・「キーワードプランナー」や「グッドキーワード」といったサイトで推奨の複合キーワードを調べることができるため、積極的に活用をするのが好ましいです。

 

 

 

関連記事

  1. SEOライティング

    SEO

    SEOで成果を出したいなら知っておきたい「SEOライティングの基本」

    今回は現在のSEO対策で最も核となる部分のコンテンツ作りについて説明し…

  2. SEOとリスティング広告のメリット、デメリット

    SEO

    SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?

    自社ホームページを検索上位に表示する方法はSEO対策だけではありません…

  3. コンテンツSEOのキーワード

    SEO

    コンテンツSEOのキーワード選定(1)

    前回の記事で「コンテンツSEOとは何か」ということについて書きましたが…

  4. SEO対策でブログを書く

    SEO

    SEO対策で最も重要と認識されている「コンテンツSEO」とは何か?

    2019年現在、SEO対策の中で最も重要と認識されているのがコンテンツ…

  5. コンテンツマーケティングとSEO

    SEO

    「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」の違いがわかりますか?

    コンテンツSEOの隆盛とともにコンテンツマーケティングという言葉もよく…

  6. SEOキーワード

    SEO

    コンテンツSEOのキーワード選定(2)

    前回の記事で、コンテンツSEOはミドルキーワードとロングテールキーワー…

最近の記事

  1. SNS

ピックアップ記事

  1. 自分でおこなうMEO対策のやり方とコツ
  2. 店舗集客に効果!LINE公式アカウント(旧・LINE@)をご…
  3. 不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  4. SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  5. リスティング広告のメリットとデメリット
  1. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
  2. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
  3. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  4. SEOとリスティング広告のメリット、デメリット

    SEO

    SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  5. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
PAGE TOP