SEOキーワード

SEO

コンテンツSEOのキーワード選定(2)

前回の記事で、コンテンツSEOはミドルキーワードとロングテールキーワード(スモールキーワード)での対策が有効とお伝えしました。
しかし、ミドルキーワードとロングテールキーワード(スモールキーワード)はカバーする範囲が限定的であるため、本当にそのキーワードで検索する人がいるのかという点には注意が必要です。検索数が少なくても良いと言っても全く調べられないキーワードをSEO対策するのは無駄なことです。

ではどういう方法でキーワードを決めていけばいいでしょうか。有効な方法は検索クエリを調べる方法です。

検索クエリとは

検索クエリとは、ユーザーが実際に入力した検索語句やフレーズのことです。
「それはキーワードのことではないの?」と思われるかもしれませんが、異なります。

キーワードは、ホームページのSEOやリスティングの担当者が対策すると決めた語句、フレーズのことを指します。あくまで担当者が一方的に決めたものなので、実際にその言葉が検索されてユーザーが自社ホームページに流入してくるかどうかはわかりません。

それに対して、検索クエリはユーザーによって既に検索されたことのある語句なので、実際にユーザーからニーズがある語句、ユーザー流入の可能性が高い語句ということができます。まずは今まで自社のホームページがどういう検索クエリを通して、ユーザーの目に入っていたのかを調べてみましょう。
検索クエリに基づいて対策すべきキーワードを選び、コンテンツもそのクエリに当てはまるものを追加していけば、検索ユーザーの求めている良質なコンテンツの提供に近づいていくこともできます。

検索クエリの調べ方

検索クエリを調べる代表的な方法は2つです。

a) Googleアナリティクスの「サーチコンソール」で調べる。
b) Google広告提供の「キーワードプランナー」で調べる。

一つ一つ見ていきましょう。

a) 「サーチコンソール」

まずは、a) 「サーチコンソール」ですが、こちらはアクセス解析をするツールであるGoogleアナリティクスから利用できるツールで、自社ホームページにどのような検索クエリでユーザーが流入しているかを調べることができます
「サーチコンソール」では、実際に訪問があった検索クエリのみでなく、検索結果に表示されただけの検索クエリまで幅広く取得できます。実際、ユーザーはどのような言葉で検索をして自社ホームページにたどり着いているのかを研究することで、新しい対策ワードを検証することが可能です。

b) 「キーワードプランナー」

一方、b) 「キーワードプランナー」は自社サイトだけではなく、検索エンジン全体で、あるクエリがどれほど検索されているのかを調べられます。すなわち世の中全般の検索傾向を知ることができるツールです。

自社ホームページが検索結果に表示されるクエリ、一般的によく検索されるクエリ、この双方のデータを参照し、検証していくことで、精度の高いキーワード選定を実現していくことができます。ツールの詳しい利用方法はこちらをご覧ください。

検索クエリの種類

検索クエリは、ユーザーの検索意図によって大きく3種類に分類されます。

インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)

知りたいこと、調べたいことがあって検索をするときのクエリです。
具体的には「不動産 相場」「賃貸 探し方」「肉じゃが レシピ」などです。
最も検索されることの多い種類のクエリではないかと思います。

トランザクションクエリ(取引型クエリ)

何か商品やサービスの購入を検討しているユーザーが検索するときのクエリです。
具体的には「化粧品 通販」「パソコン 激安」「北陸新幹線 予約」などです。
明確な購入意図があるケースが多く、コンバージョン(成約)しやすいため、仮に検索数が少なかったとしても対策しておきたいクエリです。

ナビゲーショナルクエリ(案内型クエリ)

ここのホームページに行きたいという明確な目的があるときに使うクエリです。
例えば「amazon」「facebook」「楽天」、不動産関係なら「SUUMO」「HOME’S」などです。

前述の通り、トランザクションクエリが最も成約しやすいクエリですが、それ以外のクエリもコンテンツSEOを実施する上では対策する価値が充分にあります。
検索クエリの分類は、検索するユーザーの求めている情報を察して、コンテンツに反映していくために活用するとよいでしょう。

検索クエリの調査、キーワードの選定、そしてコンテンツの構築まで、コンテンツSEOでは全て一貫性を持って取り組んでいく必要があります
そうすることでユーザーに貢献することができるようになりますし、それに応じてGoogleからの評価も高めていくことができるということです。

まとめ

・検索クエリとは、ユーザーが実際に検索するときに入力した語句やフレーズのことであり、キーワードを決定する際に参照するべきものです。

・検索クエリは、Googleアナリティクスの「サーチコンソール」やGoogle広告提供の「キーワードプランナー」で調べることができます。

・検索クエリは、インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)、 トランザクションクエリ(取引型クエリ) 、ナビゲーショナルクエリ(案内型クエリ)の3種類に分類されています。

 

 

 

 

関連記事

  1. コンテンツSEOのキーワード

    SEO

    コンテンツSEOのキーワード選定(1)

    前回の記事で「コンテンツSEOとは何か」ということについて書きましたが…

  2. SEOとリスティング広告のメリット、デメリット

    SEO

    SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?

    自社ホームページを検索上位に表示する方法はSEO対策だけではありません…

  3. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?

    前回の記事では「SEO対策とは何か」を説明してきましたが、このページで…

  4. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!

    投稿一覧SEO対策を始める前に必ずしなければならないことがあります。そ…

  5. SEO対策でブログを書く

    SEO

    SEO対策で最も重要と認識されている「コンテンツSEO」とは何か?

    2019年現在、SEO対策の中で最も重要と認識されているのがコンテンツ…

  6. SEOライティング

    SEO

    SEOで成果を出したいなら知っておきたい「SEOライティングの基本」

    今回は現在のSEO対策で最も核となる部分のコンテンツ作りについて説明し…

最近の記事

  1. SNS

ピックアップ記事

  1. SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  2. 店舗集客に効果!LINE公式アカウント(旧・LINE@)導入…
  3. 自分でおこなうMEO対策のやり方とコツ
  4. 不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  5. リスティング広告のメリットとデメリット
  1. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  2. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  3. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
  4. SEOとリスティング広告のメリット、デメリット

    SEO

    SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  5. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
PAGE TOP