SEOライティング

SEO

SEOで成果を出したいなら知っておきたい「SEOライティングの基本」

今回は現在のSEO対策で最も核となる部分のコンテンツ作りについて説明していきたいと思います。

コンテンツ作り=webページ(ブログ記事)を追加更新すること

写真画像や動画などがコンテンツになることもありますが、コンテンツSEOといえば基本は文章です。
コンテンツSEOでは、日々、文章を更新してページを増やしていくことになりますが、その際に必要になってくるのがSEOライティングの知識とスキルです。

コンテンツSEOのライティングとは?

コンテンツSEOのライティングとはどういうものでしょうか。そして、通常のライティングと何が異なるのでしょうか。
ポイントになるのは以下の2点です。

ユーザーファーストの方針

まずは基本の基本、読者(検索ユーザー)が求めている充実したコンテンツを提供することがまずは重要です。読者が求めている内容とはどんなものでしょうか。
コンテンツSEOのキーワード選定(2)のページで詳しく説明しましたが、検索クエリを調べることで知ることができます。検索されている言葉からユーザー意図を推測し、ユーザーの疑問や課題を解決できるコンテンツを提供していくということです。検索クエリとコンテンツはセットで考えていく必要があります。

クローラーへの対応

SEOライティングにおいて意識するのは読者(検索ユーザー)だけではありません。Googleの巡回ロボットであるクローラーにとっても読みやすい文章にしてあげないと検索順位の上昇に繋がりません。この点がSEOライティングと通常のライティングで最も異なる点ではないでしょうか。
読者(検索ユーザー・人)にとっては面白く、役に立ち、クローラー(ロボット)にとっては読みやすく、その双方を実現したコンテンツを提供するのがコンテンツSEOであり、SEOライティングです。

 

コンテンツSEOのライティング・ポイント1ー形式ー

では、実際にコンテンツSEOのライティングしていくにあたってどんな点を注意していったらよいでしょうか。まずは、HTMLのタグの使い方など、形式的な部分のポイントをまとめます。

タイトル

タイトルには必ず上位表示したいキーワードを入れるようにします。さらにキーワードは意識的にタイトルの前方へ持ってくるようにしましょう。長すぎず、すっきりさせたほうが良い効果が生まれます。目安は30文字以内です。

見出しタグ(hxタグ)

クローラーに文章の正しい構造を伝えるためにh1、h2、h3といった見出しタグを整理していく必要があります。h1=大見出し、h2=中見出し、h3=小見出しという役割を意識し、h3の下層にh2が来るなど不規則な構造にしないように気をつけます。あと、タイトルと同様、この見出しタグ(hxタグ)はページの中で最も重要な箇所なので、こちらにもできる限りキーワードもしくは関連ワードを入れ込んでおくほうが好ましいです。

文中

HTMLのマークアップを最低限行いましょう。さらに「あれ」「それ」「これ」などの指示代名詞を多用しないようにしましょう。クローラーは指示代名詞が何を指すかを正確に把握できないため、マイナスの評価を下されてしまいます。

画像

クローラーは人間と違って画像が何を示しているのかを視覚で認識することができません。そのため内容をテキストで知らせてあげる必要があります。方法としては、まず画像ファイルの名前。「9897.jpg」などのような数字やアルファベットのファイル名だった場合、「不動産-賃貸物件1.jpg」などその画像が何であるのかがわかる名前に書き換えてアップすることが好ましいです。さらに画像をマークアップする<img>タグのalt属性にも画像の説明を入れるようにしましょう。

URL

添付するURLリンクもクローラーが読み込みますので注意が必要です。こちらも画像と同じく「**.com/seo/A103/A10301/11031」などのような数字やアルファベットの羅列ですと、クローラーから嫌われます。「**.com/seo/technics/contents-seo」など内容がわかるものが好ましいです。動的URLや極端に長いURLなども避けたほうが良いと言えます。

代表的な例をいくつか掲げましたが、HTMLの構成上、注意すべき点は他にもあります。できるだけ細かく丁寧に作り込んでいくことでSEO効果を高めていくことができます。

コンテンツSEOのライティング・ポイント2ー内容ー

次に内容の部分、すなわちコンテンツの部分です。主なポイントは以下の3点です。

検索ユーザーに役立つコンテンツ

コンテンツSEOのライティングは自社の宣伝や商品説明をするのがメインではありません。あくまで検索ユーザーの役に立つ情報を提供することを主眼に置かなくてはいけません

例えば、キャンプ用のテントを販売するショップでしたら、テント自体の売り込みをするのではなく、「キャンプに欠かせない便利アイテム20選」「地域別おすすめのキャンプ場」「絶品・キャンプご飯のレシピ」などキャンプに関するお役立ち情報を提供するのがコンテンツSEOの記事作成です。

不動産業だったら「初めての賃貸・後悔しない10のポイント」「不動産購入・賢いローンの組み方、返し方」「不動産屋さんが薦める世代別・住みやすい間取り」「今から準備!不動産相続の注意点」など、賃貸したい人、売買したい人などが将来調べたいだろうと思う情報を先回りして提供するのが良いでしょう。

検索ユーザーが読みやすいコンテンツ

検索ユーザーはじっくり情報を見てくれません。ページの最初の部分を数秒読んで、自分にとって興味のない内容、わかりにくい内容のページだと感じるとすぐに離脱してしまいます。
そうならないためにSEOライティングでは読みやすい文章構成を意識する必要があります。コンテンツ作成時に以下の点を留意すると良いでしょう。

SDS法やPREP法を用いる

SDS法Summary(要点)→ Details(詳細説明)→ Summary(まとめ)
PREP法はPoint(結論)→ Reason(理由)→ Example(具体例)→ Point(結論の再確認)
という形の文章構成法です。

SDS法は全体・詳細・全体という流れで同じ内容を3度にわけて確認していく構成で、繰り返すことで素早い内容の理解を促します。PREP法は結論、理由、具体例という流れで理解を深めていく構成です。しっかりと物事を伝えたいときに活用されることが多いです。

どちらの構成法にも共通していることは、結論を一番初めに持ってくることです。はじめに結論を述べることで、ユーザーにそのページを読む動機付けを与えることが大切です。

文章の見た目を整える

読みやすさを考え改行する、程よく段落で区切る、色や太字などの装飾でアクセントをつける、所々で写真や画像を差し挟むなどです。記事の内容が良くても見やすさに問題があるとユーザーも離れていってしまいます。視覚的にも飽きさせない工夫が必要です。

タイトルと記事の内容を一致させる

例えば、「不動産賃貸を探すときのコツ」というタイトルの記事なのに、読んでみるとその不動産会社の宣伝ばかりだったなど、タイトルと内容が一致していないような記事も好ましくありません。
ユーザーは主にタイトルでそのページを開くかどうかを決めているため、開いた結果、そこに求める答えがないと不満を感じます。仮に答えが書かれていても、タイトルと無関係なことが長々書かれていたり、話が脱線する記事もNGです。できるだけシンプルに解決策を伝えられる記事を心掛けましょう。

検索ユーザーが信頼できるコンテンツ

近年、非常に重要になってきているのがこの信頼の部分です。Googleは検索品質評価ガイドラインで「E-A-T」という基準を公表しています。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、品質の高いコンテンツを評価する3つの基準の頭文字をあわせた造語です。

Expertise(専門性)
Authoritativeness (権威性)
TrustWorthiness (信頼性)

上記3点を兼ね備えているコンテンツかどうかかがユーザーの満足度にとって重要だということです。
なお、この3つの特徴は単独で考えられるものではなく、相互につながっています。
専門性のあるものには権威が備わる傾向にあり、権威的なものには信頼が生まれる傾向にあります。
専門性に特化すれば次第に残りの2つの基準にも影響してくるため、まずは専門性の部分を強化することが大切です。

YMYLとは

Your Money or Your Lifeの頭文字をとった言葉ですが、「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」のことを指しています。Googleの検索品質評価ガイドラインはこれらの分野に関わるコンテンツの信頼性を特に重視しています。人々の人生に与える影響が大きい情報のリリースについては慎重にしなさいということです。

具体的にはどんな分野でしょうか。例えば、「ショッピングや金融取引、投資、家の購入、税金などについてのページ」「医療情報、健康や薬に関するページ」「法律的なアドバイスに関するページ」「災害についてなど重要な公的/公式情報に関するページ」 「児童養子縁組や自動車安全情報などのページ」等です。不動産分野のコンテンツですと関わってくるところもあると思います。「YMYL」のような基準があることを常に意識しながらコンテンツ作りを考えていきましょう。

まとめ

・SEOライティングは、検索ユーザー(読者)とクローラー(ロボット)の双方を意識して進める必要があります。

・SEOライティングの文章では、タイトルの付け方、HTMLのタグの階層の付け方、指示代名詞の使用、画像の名前の付け方やリンクのURLの選び方などをクローラーが巡回しやすいように整えてあげなくてはいけません。

・SEOライティングでは、読みやすい構成で検索ユーザーにとって役に立つ内容の文章を書く必要があります。

・SEOライティングでは、SDS法やPREP法という文章の構成テクニックが有効です。

・SEOライティングでは、Googleの検索品質評価ガイドラインで掲げられる基準「E-A-T」に照らしながらコンテンツの信頼性を確保していくことが好ましいと言われています。

 

 

 

関連記事

  1. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!

    投稿一覧SEO対策を始める前に必ずしなければならないことがあります。そ…

  2. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本

    SEO対策という言葉はよく聞くけど今ひとつよくわからない。そういう不動…

  3. SEO対策_パンダアップデート
  4. コンテンツSEOのキーワード

    SEO

    コンテンツSEOのキーワード選定(1)

    前回の記事で「コンテンツSEOとは何か」ということについて書きましたが…

  5. SEOキーワード

    SEO

    コンテンツSEOのキーワード選定(2)

    前回の記事で、コンテンツSEOはミドルキーワードとロングテールキーワー…

  6. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?

    前回の記事では「SEO対策とは何か」を説明してきましたが、このページで…

最近の記事

  1. SNS

ピックアップ記事

  1. リスティング広告のメリットとデメリット
  2. 店舗集客に効果!LINE公式アカウント(旧・LINE@)導入…
  3. 【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  4. 店舗集客に効果!LINE公式アカウント(旧・LINE@)をご…
  5. 不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  1. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  2. SEOとリスティング広告のメリット、デメリット

    SEO

    SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  3. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
  4. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  5. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
PAGE TOP