検索

リスティング広告

不動産集客で活用できるリスティング広告とは?

Web上ではさまざまな広告手法が存在しますが、不動産企業の集客において特に効果的なのがリスティング広告です。
この記事では、リスティング広告の基本からその特徴、利点と欠点、そして特に不動産業界における活用法に焦点を当てて解説します。

リスティング広告とは

リスティング広告とはどのような広告なのでしょうか?恐らく知らぬ間にあなたもこの広告を見ているかと感じます。

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索した際に検索結果として表示させることができる広告のことをいいます。検索連動型広告ともいいます。

画像のように検索結果の一番上に表示させることが可能ですので多くのアクセスを集めることが可能になります。

リスティング広告の特徴

リスティング広告の特徴として3つのことが挙げられます。
1つ目の特徴は、見込みの高いお客様を集客することが可能です。

例えば、

「銀座 不動産」

と調べている方に対し、自社の広告を出稿としましょう。
わざわざ「銀座 不動産」を検索するということは銀座の不動産が気になっている方になります。
旧来型の広告はマスに対して宣伝をしていくのに対して、リスティング広告は、キーワードによって絞り込まれた見込みの高いお客様にアプローチできるという特徴を持っています。

2つ目の特徴は、クリック課金型の広告ということです。
クリック課金型とは、広告がクリックされて初めて課金されるシステムのことで、広告を出稿するだけではお金がかかりません。お客様にクリックされて初めてお金がかかるという点で考えると、とても効果の高く無駄の少ない広告配信サービスと言えます。

3つ目は、広告枠はオークション形式で掲載順位が決まるということです。

検索結果のすぐ下が広告枠になりますが、広告枠には限りがあります。もし複数の方が広告を出向したいと考えた際は、基本的に一番金額の高い金額で入札している方が上位に表示されます。ライバルが多いキーワードでは、単価が上がりますが、逆にライバル不在に検索結果に表示する際は、1円からの表示も可能です。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告はとても効果の高い広告配信方法ということは分かっていただけたと思いますが、メリット・デメリットを理解することでより正しく使うことが可能になります。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットを箇条書きで上げてみましょう。

・見込みの高いお客様を集めやすい
・クリック課金型なので無駄にお金を消費しない
・小予算からスタートできる
・効果が感じられやすい

など、多くのメリットを持っていると言えるでしょう。

リスティング広告のデメリット

では、リスティング広告のデメリットはなんでしょう。

・広告なのでお金がかかる
・広告運用の仕方が悪いと赤字になる可能性も
・こまめな運用が必要。

などが挙げられます。

特にリスティング広告は、運用型広告とも言われており細かな調整が必要となってきます。
多くのキーワードに対し出稿するのでなければ自分でやることも可能ですが、運用してくれる広告代理店を探して運用をお任せしてしまってもいいでしょう。それでも、リスティング広告は費用対効果も高い広告配信になりますので、きっちり利益に繋がるでしょう。

さらに詳しくリスティング広告のメリット・デメリットをご紹介してる記事はこちらです▼

リスティング広告を活用する上で意識すべきこと

リスティング広告の設定と最適化の重要性

リスティング広告の成功の鍵は、適切な設定を行い、定期的な最適化を行うことです。キーワード選定、まずは、広告文の作成、予算設定など、初期設定を計画的に組み立てることが重要です。また、運用を続けていく中で、パフォーマンスの分析と改善策の実施を行い、運用をブラッシュアップさせていくことが必須です。クリック率(CTR)の改善、コンバージョン率の向上、不要なキーワードの排除などを行うことで、ROI(投資対効果)を最大化できます。

地域ターゲティングの活用

不動産企業は、地域に密着したサービス提供が一般的であるかと思いますが、リスティング広告では、地域ターゲティングを利用して特定の地域や場所に住む顧客層、あるいは特定の地域に関心を持つ顧客層に広告を表示させることが可能です。この機能を活用することで、地域密着型の不動産会社や、特定のエリアに特化した物件を扱う事業者は、よりニーズのマッチした顧客にアプローチすることができます。

モバイルユーザーへの最適化

現代におけるインターネット利用者の多くがスマートフォンを中心としたモバイルデバイスを使用しています。そのため、リスティング広告は、モバイルユーザーに最適化されていることが非常に重要です。モバイルデバイスの画面サイズに合わせた広告のデザイン、モバイルユーザーの検索意図を踏まえたキーワードの選定などを考慮することで、モバイルユーザーからのアクセスと問合せを獲得しやすくなるはずです。モバイル最適化は、不動産業界におけるリスティング広告の成果を大きく左右する要因の一つです。

リスティング広告はこんな不動産屋さんにオススメ

リスティング広告がオススメな不動産屋さんはどういったものでしょう。
結果からお伝えすると、見込みの高いお客様を獲得できるため、どの不動産屋さんにもオススメすることができる万能な広告配信方法と言えます。なかでも、売買物件を扱っている不動産屋さんは、利益率が高いため広告を利用したとしても手元に残る利益幅がとても大きいです。
また、不動産ポータルサイトで思ったように集客できていない不動産屋さんは、第2の集客方法として取り入れてみるのもオススメです。

まとめ

ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに対して広告を配信できる広告配信方法。
自らキーワードを打ち込み検索しているため、見込み客を集客できる可能性はとても高い。
まだまだ不動産業界でリスティング広告を行っている不動産屋さんは少なく、どの不動産屋さんにもオススメの施策。特に、売買仲介を扱っている不動産屋さんは活用している方が多いです。『不動産ポータルサイトでは集客できない、もっと集客したい』と言う不動産屋さんは、まずリスティング広告をやってみるをオススメします。

関連記事

  1. LINE公式アカウント

    SNS

    店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE@)導入の手順

    前回の記事では、LINE公式アカウントとは何かということについてお伝え…

  2. リスティング広告

    信頼できるリスティング広告の代理店の選び方についてお伝えします!

    リスティング広告は自社でも運用が可能な広告です。しかし、効率よく成果を…

  3. DX

    デジタル技術で変わる不動産業界の未来・不動産DXとは?(2)

    前回の記事では、不動産DXの概要について解説しました。前回の記…

  4. 集客に強い「マーケティングオートメーション」とは?」

    Webマーケティング

    集客に強い「マーケティングオートメーション」とは?

    さまざまな業界において「マーケティングオートメーション」を導入する企業…

  5. Googleマイビジネスで口コミを増やす方法_記事トップ画像

    MEO

    Googleマイビジネスで良質な口コミを集めるには?

    店舗を運営する事業者は、Googleマップから店舗に誘導できる「Goo…

  6. 不動産業界に強いおすすめのリスティング広告代理店ランキングTOP5

    リスティング広告

    不動産業界に強いおすすめのリスティング広告代理店ランキングTOP5

    前回の記事では「おすすめのリスティング広告代理店」をご紹介しましたが、…

人気記事

  1. 不動産業界に強いおすすめのリスティング広告代理店ランキングTOP5
  2. 不動産業界・電子契約
  3. どっちがいいの

ピックアップ記事

  1. SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  2. <2024年版>【知らないと損をする!?】MEO対策費用の相…
  3. リスティング広告のメリットとデメリット
  4. 【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  5. 店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE…
  1. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  2. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  3. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
  4. SNS

    SNS

    事例あり!不動産ビジネスの成功のカギを握るSNS活用(Facebook、Twit…
  5. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
PAGE TOP