Webマーケティング

物件を魅力的に見せる!不動産撮影のポイント

不動産物件を魅力的に伝えるには、自社のホームページや不動産ポータルサイトで掲載する写真のクオリティが何よりも重要です。その反面、充分な撮影知識を持っている不動産業界の関係者は少ないように思われます。本記事では、具体的な撮影テクニックから、画像処理のコツや業務のヒントまで、初心者でも分かるように不動産物件の撮影におけるポイントをご紹介いたします。

写真撮影の前の下準備

物件の写真撮影では、事前の準備が鍵となります。準備を怠ると、撮影や編集の際にさまざまな問題や労力が生じる可能性があります。
物件の魅力をしっかりと伝えるために以下のポイントをしっかりとチェックしましょう。

物件の掃除と整理

物件がきれいで整理されているかは、写真の印象に大きく影響します。
中古のマンションや一戸建ての場合、古い家具や不要なもの、ゴミやホコリが目立つと、その物件の印象が悪くなります。
特に窓ガラスは綺麗に拭いておくことで外の景色や部屋に入る光までも綺麗に見えるようになり、好印象になります。

最適な撮影時間の選定

どの時間帯に撮影するかで、物件の雰囲気は大きく変わります。
特に、自然光を活用する場合、そのタイミングが重要となります。朝や夕方の柔らかい光の時間帯は、部屋の雰囲気を温かく、また柔らかく見せる効果があります。この時間帯は、リビングやダイニングなどの共有スペースの撮影に最適です。
一方、真昼の強い日差しは、部屋の中の細かい部分や家具の色などを鮮明に撮影するためには良いものの、強い影が出るので、そのバランスを取る技術が求められます。

必要な機材のチェックリスト

撮影当日に機材トラブルがないよう撮影前日に必要な機材の確認をしておきましょう。
カメラはもちろん、レンズや三脚、外部フラッシュや反射板、そして照明器具など、撮影に必要なアイテムをリストアップし、それぞれの状態やバッテリーの充電状態もチェックしておきましょう。特に撮影中にバッテリーが切れたり、SDカードの容量がいっぱいになるなどのトラブルがあると、撮影の効率を妨げる要因となりますので、十分な準備が必要です。

SDカードで不動産物件の撮影

正確な物件の魅力を伝える撮影テクニック

物件撮影において、ただ写真を撮るだけでなく、その物件の魅力や特徴をしっかりと伝えるテクニックが求められます。
以下、物件の魅力を最大限に引き出すための撮影テクニックについて詳しく解説します。

自然光の利用

自然光は、写真に自然な雰囲気をもたらし、部屋のそのままの美しさや広がりを伝える上でとても重要です。
窓からの光を直接部屋に取り入れることで、部屋全体に温かみが増します。具体的なテクニックとしては、カーテンを半分開けることで、部屋に柔らかい光のグラデーションを作り出し、居心地の良さや落ち着きを感じさせることができます。
また、日差しの強い時間帯には、薄いカーテンやブラインドを使って、光をやわらかくするという工夫もオススメです。

アングルと構図の基本

物件の写真撮影において、アングルと構図は非常に重要なポイントとなります。
部屋の角から斜めに撮影すると、部屋の広さや奥行きを感じることができるため、特に狭い部屋や独特の形状を持つ部屋での撮影に効果的です。
また、部屋の中央の特徴的なインテリアや家具を前景に配置し、背景に部屋全体を捉えることで、その部屋の特徴やインテリアの魅力を強調することができます。

物件の特徴を強調する撮影ポイント

物件にはそれぞれ異なる魅力や個性があります。その物件の魅力や個性を写真によって強調することで物件の価値をより高めることができるはずです。

例えば、キッチンが広くて機能的であれば、その広さや収納スペース、設備を強調して撮影しましょう。
お風呂が新しく、ユニットバスに最新の設備が備えられていれば、その機能性をアピールするアングルで撮影すると良いでしょう。
物件の特徴や魅力をしっかりと捉え、その強みを最大限に伝える撮影を心がけましょう。

不動産物件の撮影

室内撮影のポイント

室内撮影は物件の魅力を伝えるメインの部分です。具体的なポイントとともに、それぞれの要素を深掘りしてみましょう。

照明の調整と使用

部屋の照明は、その部屋の雰囲気を大きく左右します。天井の照明だけでは、場面によっては暗い印象になることがあります。
そういう場合は、部分的に間接照明を使用すると良いでしょう。
例えば、フロアライトやテーブルライトを使って、部屋の一部をやわらかく照らすことで、全体の雰囲気を温かく、また居心地の良いものにすることができます。
特に、物件のリビングや寝室での撮影時には、間接照明をうまく活用して、より快適な空間を演出しましょう。

不動産物件の撮影

空間感を出す広角レンズの活用

広角レンズを使って撮影をすれば、狭い空間でも広く見せることができるため、物件の部屋のサイズ感をより魅力的に伝えるためには非常に役立ちます。
特に、狭めの部屋や玄関、そしてベランダなどの限られたスペースでの撮影では、12〜24mm程度の広角レンズを活用することで、部屋を存分に見せることができます。
ただし、便利な広角レンズも不必要に使いすぎるのは避けましょう。撮り方によっては部屋や物の形に歪みが生まれ不自然な印象を生み出すこともあります。
部屋を正確に魅力的に伝えるためには、適切なレンズの選択と使い方を心がけましょう。

一貫性のある色調とスタイリング

室内の色調やスタイリングは、その物件のイメージを大きく印象付ける要素です。
例えば、シックなダークブラウンの家具と、明るいベージュのカーテンやラグを組み合わせると、落ち着いた中にも明るさを感じる部屋になります。
また、小物やデコレーションも効果的に使用することで、部屋にアクセントをつけることができます。
ただし、色やデザインがバラバラのものを多用すると、散らかった印象になってしまうことも。一貫性を意識し、全体の調和を取りながらスタイリングしましょう。

屋外撮影のポイント

建物の外観撮影のコツ

建物の外観の写真は、物件の第一印象を決定づける要素となります。
撮影時には、建物の奥行き感を出すため、建物の正面よりも少し斜めから角度をつけて撮ると良いでしょう。
また、青空の爽やかな日に撮影すれば、物件そのもののイメージも明るくなります。事前に天気予報を確認し、晴れ、もしくは薄曇りの日を選んで撮影しましょう。

敷地や環境を活かしたショット

物件の立地や周囲の環境は、生活の質や利便性を伝える重要な要素です。
物件の近くに公園やお店、学校や駅がある場合、これらの施設を一緒に撮影することで、生活環境の良さや日常の便利さをアピールすることができます。
また、静かな住宅街や緑豊かな環境など、その地域の特色や魅力を伝える写真を撮っておくことも重要です。

季節や天候を意識した撮影方法

季節や天候によって、物件やその周囲の雰囲気には異なる魅力が生まれます。
雪が積もった冬の物件は、静寂と清々しさを感じさせますし、紅葉や桜の花が美しい春や秋の物件は、四季の移ろいや自然の豊かさを伝えることができます。
季節や天候を活かした撮影は、物件の多面的な魅力を引き出すことに役立つでしょう。

画像処理と編集のコツ

不動産物件の写真撮影後、そのまま公開するのではなく、画像処理や編集を行うことで、更に良質な写真画像に仕上げることができます。
しかし、編集過程で失敗すると、逆に不自然な画像になってしまうこともあります。適切な編集のポイントを押さえておきましょう。

不動産写真の編集

明るさやコントラストの調整

暗めの写真や、強い日差しによる過度な明るさは、ビジュアル的な魅力を半減させてしまうことがあります。
そのような写真は、明るさやコントラストを調整することで、バランスの良い画像へと変わります。特に、シャドウ(影部分)やハイライト(明るい部分)の調整を行うことで、写真全体のディテールを際立たせることができます。調整する際は、過度な補正を避け、自然な見た目を保つことを心がけましょう。

不要な要素の削除やクロップ

物件の写真に写り込んでしまった余計なものやゴミ、他の建物の一部など邪魔な要素がある場合は、編集で取り除くことが可能です。
具体的には、以下のようなレタッチツールを使用して簡単に消去することができます。

Adobe Photoshop

プロのフォトグラファーからアマチュアまで、多くの人々に利用されている最もポピュラーなソフトウェアです。「バッチツール」を使えば、不要なゴミなどを一瞬で自然に消去することができます。

Lightroom

Adobeのもう一つの写真編集ツールで、こちらは特に写真の色調整に優れていますが、「スポット除去ツール」ツールで簡単なレタッチも可能です。

GIMP (GNU Image Manipulation Program)

無料で利用できる高機能な画像編集ソフトウェアです。修正ブラシなどで、写真内の不要なゴミを消去することができます。

上記のツールを使用することで、写真内の不要なパーツを削除することができます。
慣れないうちは、編集を行う前に必ずオリジナルの写真をバックアップしておき、過度な修正を避けるよう注意しましょう。

適切な拡張子とサイズ選定

写真を公開する際の用途に応じて、最適な拡張子やサイズに調整することが大切です。
例えば、ホームページにアップロードする場合、JPGやPNGなどの拡張子が適しています。
また、印刷物に使用する場合は、解像度を高めに設定する必要がある一方、SNSやメールでの送信を考慮する場合、ファイルサイズの小さめに調整することも大切です。

室内撮影のポイント実際の業務に応用するためのヒント

物件の写真撮影は、単なる技術だけでなく、日々の業務の中での応用や改善が求められます。以下は、より質の高い写真撮影を実際の業務に取り入れるためのヒントとなります。

物件ごとの撮影チェックリスト作成

物件の特徴や立地、周辺環境などに合わせて撮影チェックリストを作成すると、撮影時に何を重点的に撮るべきかが明確になります。例えば、ペット可の物件であれば、ペットと共に快適に過ごせるポイントを強調して撮影する、などの細かいポイントまでリストアップしておくと便利です。

チーム内での情報共有とフィードバックの活用

撮影した写真はチーム内で共有し、他のメンバーからの意見やフィードバックを受け取ることで、次回の撮影の参考とすることができます。また、定期的なミーティングを設けて、撮影のポイントや新しい撮影テクニックを共有することで、チーム全体のスキルアップに繋がります。

不動産撮影の情報を共有

室内撮影のポイントまとめ

物件写真は、物件の魅力を伝える上で第一に力を入れるべき部分です。事前の準備や撮影テクニック、後処理のポイントを理解することで、物件の魅力を引き出した撮影をすることができるようになります。物件成約の近道として、撮影の方法も見直してみるのも良いのではないでしょうか。

▼【人気記事】Web集客を行う前に確認しておきたい自社ホームページ6つのポイント

関連記事

  1. コンテンツマーケティングとSEO

    SEO

    「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」の違いがわかりますか?

    コンテンツSEOの隆盛とともにコンテンツマーケティングという言葉もよく…

  2. Webマーケティング

    競合他社との差別化を生み出す!オウンドメディア運営について(2)

    前回の記事では、オウンドメディアというものが不動産業界にとって、どのよ…

  3. Googleマイビジネスで口コミを増やす方法_記事トップ画像

    MEO

    Googleマイビジネスで良質な口コミを集めるには?

    店舗を運営する事業者は、Googleマップから店舗に誘導できる「Goo…

  4. MEO

    MEO対策の「成果報酬型」と「固定報酬型」…正直どちらが良いの?

    すでにMEO対策をされてる方は多いと思いますが、いろいろMEO対策の情…

  5. Webマーケティング用語集記事ページのトップ画像

    Webマーケティング

    最低限押さえるべきWebマーケティング基本用語集~Part1~

    近ごろWebサイトは集客に必須のツールとなりました。業界を問わず、企業…

  6. SNS

    文章を書くのが苦手な人でもできる!Webライティング・SNSライティングのコツ

    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やブログのビジネス活用が一…

人気記事

  1. Webマーケティング用語集記事ページのトップ画像
  2. 検索
  3. ポイント

ピックアップ記事

  1. 初心者でもわかる!SEO対策の基本
  2. <2024年版>【知らないと損をする!?】MEO対策費用の相…
  3. リスティング広告のメリットとデメリット
  4. 店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE…
  5. SEO対策とリスティング広告の違いを知ってますか?
  1. SNS

    SNS

    事例あり!不動産ビジネスの成功のカギを握るSNS活用(Facebook、Twit…
  2. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
  3. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  4. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  5. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
PAGE TOP