SNS

【初心者向け】YouTube広告の種類と課金形式について解説!

YouTubeを視聴しているとコンテンツの途中で突然、広告に切り替わるという体験を誰もがしたことがあると思います。しかし、その広告はどんな種類に分類されているか意識しながら見ている方は少ないのではないでしょうか。YouTube広告出稿する側になると使い分けが重要になってきます。今回は、YouTube広告の種類と課金形式についてまとめたいと思います。

前回のYouTube広告の特徴などをご紹介した記事はこちらです▼

1.YouTube広告の種類

YouTube広告には、動画の広告と静止画のバナー広告の2種類があります。

1-1.YouTubeの動画広告の種類

Youtubeの動画広告には下記5つの種類 があります。

  • TrueViewインストリーム広告
  • TrueViewディスカバリー広告
  • TrueViewアクション広告
  • バンパー広告
  • マストヘッド広告
TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告とは、視聴している動画と同じ枠に表示される動画広告で、再生の前後や途中に挟まれます。コンテンツの視聴に干渉してくる広告であるため存在感も強く、YouTubeの広告というとまずはこれが思い浮かぶのではないでしょうか。

TrueViewインストリーム広告は、スキップ可能な動画広告と、スキップ不可の動画広告にわかれています。

スキップ可能なTrueViewインストリーム広告は、最長6分まで流すことができる動画広告です。ユーザーは広告が表示されてから5秒後に手動でスキップすることができます。
長い尺での広告再生が可能なため、ストーリー仕立ての動画広告に向いています。

課金形式:1再生ごとの課金(Cost Per View/CPV)です。

スキップ不可のTrueViewインストリーム広告は、15秒間の動画広告で、途中でスキップすることができないため15秒間全てをユーザーに見てもらうことができるというものです。
メッセージをもらさずしっかり伝えたいときに活用すると有効な手法ですが、ユーザーが好きではない広告内容だった場合にもスキップができないため、ユーザーに対して必要以上に不快なイメージを与えてしまうことも考えられます。訴求点やクリエイティブの表現方法にはより一層の注意が必要です。

課金形式:同じTrueViewインストリーム広告でもスキップ不可の場合は、広告1000回表示ごとの課金(Cost Per Mille/CPM) となります。

TrueViewアクション広告

TrueViewアクション広告

TrueViewアクション広告は、スキップ可能なTrueViewインストリーム広告と表示形式自体は同じですが、ユーザーのアクションを促す「Call To Action」ボタンが動画状に表示されるという点で異なります。より強い訴えかけをしたいときに活用しやすい広告です。

課金形式:あらかじめ定めたコンバージョンを達成できたときに初めて課金(CPA/Cost Per Acquisition)という形式です。

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、現在再生しているメインの動画枠ではなく、右隣にある関連動画一覧や検索結果一覧の一番上の最初の位置に表示される広告です。

黄色い枠の中に白文字で「広告」と書かれているため、ユーザーにも広告と認識されやすくなっています。TrueViewディスカバリー広告は、インストリームのように自動的に再生されるものではなく、ユーザーが興味を持ち、自らの意思でクリックして初めて内容が表示される広告であるため、コンバージョンが発生しやすと言われています。

課金形式:クリックごとの課金(CPC/Cost Per Click)です。

バンパー広告

バンパー広告

バンパー広告は、スキップできない6秒間の広告動画です。視聴コンテンツの前後や途中に再生されます。かなり短い動画のため、ワンメッセージで印象付けるような表現が向いています。短いためユーザーにもストレス与えにくいため、活用次第では訴求力の高い広告になります。

課金形式:スキップ不可のTrueViewインストリーム広告と同じく、広告1000回表示ごとの課金(Cost Per Mille/CPM) となります。

マストヘッド広告

マストヘッド広告

マストヘッド広告は、YouTubeを開いたとき、ホーム画面の上部に表示される広告です。画面に対する表示面積の大きさから非常にインパクトがあり、ユーザーへの認知づけに大きく貢献する広告枠です。

マストヘッド広告は、Google広告からは設定ができず、営業の担当経由で予約制による利用となります。

課金形式:マストヘッド広告は、1日1社限定で借り切ることができる日別単価制(CPD:Cost Per Day)、または、広告1000回表示ごとの課金(Cost Per Mille/CPM)の形式で提供されています。

1-2.YouTube静止画バナー広告の種類

Youtubeの静止画のバナー広告は、下記の2種類です。

  • オーバーレイ広告
  • ディスプレイ広告
オーバーレイ広告

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、メインの動画再生画面の下部に細長く表示される広告です。
画像やテキストで、クリックしたときに広告詳細ページへと遷移します。

動画の上に表示されるため、目につきやすく、ユーザーの関心にフィットするような内容であれば、非常に有効な手段と言えます。

課金形式:1クリック単価で費用が発生するクリック課金(CPC/Cost Per Click)と、広告1000回表示ごとの課金(Cost Per Mille/CPM)の形式の2種類です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、画面右上を中心に表示されるバナー画像広告です。右上の位置はメイン画像の次に視線が行きやすいような目立ちやすいポジションの広告です。
「GDN (Googleディスプレイネットワーク)」と呼ばれるこの広告は、YouTube以外の媒体面でも掲載可能となっています。

課金形式:1クリック単価で費用が発生するクリック課金(CPC/Cost Per Click)と、広告1000回表示ごとの課金(Cost Per Mille/CPM)の形式の2種類です。

2.YouTube広告の料金

2_1. YouTube広告の課金形式

YouTube広告の課金は広告の種類によってかなり異なります。
見られることで費用が発生するCPV (Cost Per View)、広告1000表示ごとで課金されるCPM(Cost Per Mille)、1クリック単価で費用が発生するクリック課金のCPC(Cost Per Click)、コンバージョンを達成できたときに初めて課金されるCPA(Cost Per Acquisition)など、多様な課金形式がありますが、商材にマッチした方法を模索する必要があります。

2_2. YouTube広告にかける予算

YouTube広告には、どのくらい予算をかければよいのでしょうか。
YouTube広告は種類によって課金形態が異なりますが、予算の設定も可能で、インストリーム広告などは多くの企業がまずは1,000円程度の設定で始めています。非常に少額から気軽に出稿できるもYouTube広告の特徴です。

しかし、動画広告の場合、クリエイティブ制作にもそれなりに予算が必要です。より凝った映像広告を配信しようと考えれば、大きな予算での外注制作も検討する必要があります。ただし、現在は映像の制作会社も豊富で、比較的安価で対応できるところも増えてきていますので、依頼をする際はよく調べてみるのが良いでしょう。

2_3. YouTube広告でのターゲティングの重要性

少ない予算でYouTube広告を出稿する場合、確実にターゲットに広告を届けるために、ターゲティングをしっかりと練る必要があります。
一般的なターゲティング方法として、①地域②年齢③性別④その他属性(子供の有無など⑤ユーザーの興味関心などがあります。訴求サービスに合ったターゲティングをすることで、狙ったユーザーに確実に広告を表示させることが可能です。

3.まとめ

  • YouTube広告には、動画と静止画の広告の2種類があります。
  • 動画広告は、TrueViewインストリーム広告、TrueViewアクション広告、TrueViewディスカバリー広告、バンパー広告、マストヘッド広告の5種類。静止画広告は、オーバーレイ広告、ディスプレイ広告の2種類です。
  • 課金形式は、見られることで費用が発生するCPV (Cost Per View)、広告1000表示ごとで課金されるCPM(Cost Per Mille)、1クリック単価で費用が発生するクリック課金のCPC(Cost Per Click)、コンバージョンを達成できたときに初めて課金されるCPA(Cost Per Acquisition)など多種多様で、商材や訴求内容にマッチした形の広告を選択する必要があります。

関連記事

  1. SNS

    【基礎知識】Twitter広告の種類や費用についてご紹介します!

    前回の記事ではTwitterとはどのようなものか、Twitter広告で…

  2. SNS

    ユーザー数は3億人!世界とつながるTwitterとは?

    Twitterは巨大なソーシャルメディアの1つで、高いリアルタイム性と…

  3. LINE公式アカウント

    SNS

    店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE@)導入の手順

    前回の記事では、LINE公式アカウントとは何かということについてお伝え…

  4. SNS

    文章を書くのが苦手な人でもできる!Webライティング・SNSライティングのコツ

    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やブログのビジネス活用が一…

  5. Facebook記事トップ画像

    SNS

    Facebookとは?登録方法や使い方について紹介します!

    すでにFacebookをご存じの方もいらっしゃると思いますが、まだ知ら…

  6. SNS

    SNS

    事例あり!不動産ビジネスの成功のカギを握るSNS活用(Facebook、Twitter、Instag…

    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が普及し始めてからはや…

人気記事

  1. Google

ピックアップ記事

  1. 店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE…
  2. 初心者でもわかる!SEO対策の基本
  3. 【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  4. 不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  5. 【知らないと損をする!?】MEO対策費用の相場と契約内容
  1. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  2. SNS

    SNS

    事例あり!不動産ビジネスの成功のカギを握るSNS活用(Facebook、Twit…
  3. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
  4. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  5. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
PAGE TOP