DX

デジタル技術で変わる不動産業界の未来「不動産DX」とは?(1)

近年、不動産業界内で話題に上がることの多い「不動産DX」 という言葉がありますが、具体的にどのようなものを指すのでしょうか。今回は、その「不動産DX」の概要について整理していきたいと思います。

不動産DXとは

不動産DXとは

不動産DXとは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略で、「デジタルによる変革」を意味します。
パソコンやスマートフォン、インターネットの普及により、物件情報の管理から顧客とのやり取り、さらには契約プロセスに至るまで、あらゆる業務プロセスで、時と場所を選ばずに業務が行えるようになりましたが、そういった新しいデジタル環境を使い、従来の不動産業務を見直し、よりスピーディで効率的な業務の遂行ができるようにする取り組みのこと全般を不動産DXと言います。

 不動産検索

不動産DXの重要性

不動産業界におけるDXの必要性は、市場と消費者の行動パターンの変化からも明らかです。
昨今、お客様はインターネットを通して様々な情報を得るようになり、質の高いサービスをより早いスピードで受けたいと考えるようになりました。物件の価格、立地条件やその他詳細などの情報が常に更新され、それがすぐにでも入手できる環境を当たり前のものとして望んでいます。
遠方にいる顧客でも物件内をリアルタイムで見ることができるVR内見サービスや、AI(人工知能)を用いたチャットボットでの顧客対応、過去の取引データをもとにした価格査定など、不動産DXの技術は顧客の要望を実現するために欠かせないツールとなっています。

DX化への取り組みは、顧客満足度の向上のためだけのものではありません。業務の効率化によるコスト削減、デジタルデータの活用による綿密な市場分析や経営戦略の策定にも役立ち、企業の成長にも直結します。不動産DXの導入が遅れれば、競合他社から立ち遅れてしまうリスクも軽視できません。

不動産DXの現状とトレンド

不動産DXの具体例

代表的なDX事例としては前述のVR内見が挙げられますが、最近は一歩進んだサービスも登場しています。
ありのままの部屋をVRで内見するのではなく、バーチャルリアリティを利用して、顧客の好みに合わせてカスタマイズされた部屋を内見できるサービスなどです。こちらのサービスによって実際、居住したときのイメージをより具体的に知ることができるようになります。

加えて、大量の物件データを基に、購入希望者の好みや過去の行動パターンを分析するAI(人工知能)を活用したサービスもありますが、これによってお客様が気づいていないような物件ニーズも先回りして提案することが可能になりました。
今までの不動産物件の案内ではあり得なかった、より具体的でニーズに即した情報の提供が不動産DXにより実現できるようになっています。

 不動産検索

不動産DXと新興テクノロジー

注目されているのはVRやAIのテクノロジーだけではありません。
仮想通貨などにも利用されるブロックチェーン技術も今後、大きな役割を担っていくでしょう。技術の透明性や改ざん困難な特性から、ブロックチェーンは不動産取引に革命をもたらすと言われています。
契約書の作成や取引の履歴がデジタル台帳に記録されるため、双方の合意が確実に行われ、過去の取引記録を容易に検証できるようになります。
これにより、偽造や詐欺のリスクを大幅に減少させることができると同時に、契約プロセスがスピーディーになるというメリットもあります。

また、物件の価格評価や市場の動向予測には、ビッグデータの分析が重要な役割を果たしています。
様々な市場の情報をリアルタイムで分析し、より精密で合理的な物件価格を算出できるシステムが導入されています。
これらの技術により不動産業者はより効率的な価格戦略を立てることができますし、一方、顧客に対しても公正で透明性の高い価格設定していることを説明できます。

不動産DXがもたらす変化

業務の効率化

不動産DXの導入の効果は、何よりもまず社内の業務の効率化です。書面のデジタル化は管理を抜本的に簡素化するだけでなく、重要書類の紛失のリスクも減り、情報の共有も速くなります。さらに、デジタル署名や契約管理のシステムを使うことで、契約の手続きもスピーディーになり、お客様への負担感も軽減できます。

顧客体験の向上

さらに、不動産DXの導入は顧客体験を大きく変えます。
オンラインで物件を検索し、契約まで完了できるため、顧客は自宅にいながら不動産取引のほとんどを行えるようになりました。360度カメラのバーチャルツアーを使えば、現地に行かずとも物件を体感できます。これにより、顧客は内見のための移動時間を節約し、好きなときに物件を何度でも確認できます。また、AIを使った顧客サービスやリアルタイムの問い合わせ対応は、顧客とのコミュニケーションをスムーズにします。

VR内見

新しいビジネスモデルの登場

不動産DXは、従来のビジネスモデルにはない新しいチャンスを生み出しています。
例えば、シェアリングエコノミーの流れで、空きオフィスや住宅を短期間貸し出すプラットフォームが増えています。これは資産の有効活用だけでなく、フリーランサーや新しい働き方をする人々に柔軟な選択肢を提供します。さらに、ブロックチェーン技術を活用した不動産の共有所有やデジタルトークンによる不動産投資も増えており、これにより不動産の価値を分け合い、投資の機会を広げる動きが見られます。これらの新しいビジネスモデルは、不動産業界での新たな収益源として、従来の賃貸や売買と肩を並べる可能性があります。

まとめ

不動産DXは、既存業務の効率化、顧客満足度の向上はもちろん、今までなかった新しい不動産サービスを生み出起爆剤にもなりつつあります。
競合の他社の取り組みに先んじて取り入れていくことで、企業価値を高めていくことができるようになるでしょう。
後半の記事では、不動産DXを推進していくにあたって、必要な体制、心構えなどについて整理していきたいと思います。

関連記事

  1. DX

    不動産業で業務効率化を実現するには?

    不動産業界は競争が激しく、業務効率化は成功への鍵となっています。不動産…

  2. 不動産業界ニュース

    2022年の不動産業界の動きとは?

    不動産業界にいろいろな変化があると噂されていた「2022年」になりまし…

  3. DX

    デジタル技術で変わる不動産業界の未来・不動産DXとは?(2)

    前回の記事では、不動産DXの概要について解説しました。前回の記…

  4. 不動産業界・電子契約

人気記事

  1. SEOキーワード
  2. リスティング広告のメリットデメリット

ピックアップ記事

  1. 店舗集客に効果!LINE公式アカウント(旧・LINE@)をご…
  2. 不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  3. 初心者でもわかる!SEO対策の基本
  4. 【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  5. 店舗集客には欠かせない!LINE公式アカウント(旧・LINE…
  1. SEO対策

    SEO

    【今さら聞けない】SEO対策の方法を知っていますか?
  2. SEO対策

    SEO

    初心者でもわかる!SEO対策の基本
  3. 検索

    リスティング広告

    不動産集客で活用できるリスティング広告とは?
  4. SNS

    SNS

    事例あり!不動産ビジネスの成功のカギを握るSNS活用(Facebook、Twit…
  5. SEOのキーワード

    SEO

    SEO対策の成功の鍵は「キーワード選定」で決まる!
PAGE TOP